View Bikes Vote Now About Previous Winners Contact A Custom King

BASH

ハーレーダビッドソンモト・ロマン

Model :FORTY-EIGHT

「カフェレーサーを作ろう!」コンセプトはすぐに決まりました。ハーレー純正のP&Aにはクリップオン・ハンドルバーキットやリアセット・フットコントロールなどカフェカスタムを制作するためのパーツが充実しており、今回HDモト・ロマンが制作したカフェレーサーにももちろん使用しています。

そんなカフェレーサー制作にあたり、たくさんの仲間達とにぎやかに楽しめるハーレーを!!との願いを込めて車両の名称は“BASH”に決まりました。以前からカフェレーサーを作りたくてウズウズしていたスタッフを筆頭に、何枚もイメージ画を描きながら様々なアイデアを出し合い、当店のお客様でプロのアーティストデザイナーであるTomi塚田氏にもご協力をいただき、制作の段階からBASHなカスタムがスタートしました。
(塚田氏のHP:www.facebook.com/tomi.tsukada)

カフェレーサーをコンセプトにした以上、スタイリングはもちろん、走行性能の向上も外せません。この車両の一番の特徴でもあるフロント周り、大胆に突き出したフロントフォークと通常よりも低めにセットしたクリップオン・ハンドルバーには純正P&Aのディファイアンスハンドグリップ/ブラックアノダイズドマシンカットを合わせました。このグリップは握った感覚がとてもよくオススメのグリップです。リアにはオーリンズのS36DR1Lを20mm延長してセット、乗り心地の向上と走行性能のグレードアップはもちろんのこと、下げられたフロント周りと相まって攻撃的なライディングポジションを演出します。

また、スクリーミンイーグルのレールコレクションエアクリーナーとDLIVEストリートラインチタンマフラーで吸排気をスムーズに&見た目もチタンならではの鮮やかな焼け色でレーシーさをプラス。SE10mmファットスパークプラグワイヤーで確実な点火もばっちりです。

一方、ペイントにもこだわっています。最近流行りのダークカスタムとは対照的に目を引く鮮やかな赤とゴージャスな金のスキャロップに塗り分けられたタンク&フェンダーと、サイドカバーには白く誇らしげなHarleyDavidsonのピンストライプで存在感を。プロのデザインワークスに目を見張るはずです。リアフェンダーにはミスミエンジニアリング製のショートボブフェンダーを使うことで、全体のイメージにハーレーダビッドソンの伝統とカフェレーサーならではの軽快感をプラスしました。印象に残るペイントと車体構成とが相まって最高のカフェレーサーが完成しました。

Google Translate
Share

VOTE NOW

Vote for your favourite 2019 Custom King.