MELVILLE

モデル:FORTY-EIGHT
ディーラー:

Harley-Davidson Shizuoka

国:JAPAN
ページを翻訳


カスタマイズという行為には、多かれ少なかれ、主要なテーマがある。
着けたいパーツを無鉄砲に散りばめれば不均一で重たい印象になってしまうし、明確でありすぎると今度は既視感にさいなまれる。やってみると、けっこう難しい。だから(と云ってしまうと突拍子もないのだが)今回手掛けたカスタムテーマを「神話性」と位置付けた。 「最初の物語」である。


人に根を、宇宙に正体を、儀式に意味を、 死後に世界を。深く考えてみると、よくわからなくなってくる言葉だ。人に根を、宇宙に正体を、あるいは云々。それは例えば「あなたの発想は文化人類学的なアプローチですよね」と言われているみたいに掴み所がないし、あるいは「あなたの病は太陽が癒してくれますよ」とアドバイスを受けているみたいに、何だか途方もない。寄せては去っていく波の動きに似て、 わかった気もするし、わからなかった気もする。 便利な魔法だ。

というわけで(と云ってしまうと忍びないのだが)説明文はここでは意味を成さないと思う。見てくれた方の抱いたそれぞれの解釈や意味を、漠然としたこの空白のなかに与えてもらえたなら、それ以上に望むことなど私にはないのだ。

カスタムキング
ビルダー 新井宏己氏  カスタムアイディア 渡辺廣彬氏
1 2 3 4
}

 

ビルダー 新井宏己氏 ハーレーダビッドソン静岡ファクトリーリーダー

カスタムアイディア 渡辺廣彬氏 フロアマネージャー

2018 年、2019 年の「Battle Of The Kings」日本 2 連覇の立役者であり、

20 代を中心とした若いビルダーチームをまとめ上げるリーダー。 

 

「招待を受けるからには、King of Kings の名に恥じないカスタムを目指し、全力で取り組みます。老舗ディーラーの経験と若いチームの発想を織り交ぜたバイクを制作したい。」と意気込む。

パーツ

1

2

3

パーツ

以前からフォーティーエイトの「9スポークホイール」のエッジカットデザインをより活かした形で何かカスタマイズできないか、と考えてきた。 
近代的なトレントをまとったそのホイールは、ダークカスタムの軸にして申し分ない。

その過程でエッジカットのシルバー&ブラックに統一させるためにタンクグラフィックを「彫金」のスタイルにした。色彩感覚として統一感が出せるのではないかという考えに合わさって、 彫金はオールドスクールの中でも「祈念」「死」「畏敬」などといった元型を用いている。

そういった表現領域とダークカスタムを取り入れることで神話的な美が浮かび上がるのではないか、と仮説を立てた。ダークカスタムは細部が全体の印象を押し上げてくれるため、 主張したい部位へ視線を移行させてくれる。そういった意図でパーツ選定やスタイルを仕上げていった。


 

<参考純正パーツリスト>

■25700533 KIT-CAM CVR,GLOSS BLACK,MACH.
■25700600 KIT,ROCKER ARM CVR,LWR,GLOSS B
■25700531 KIT-ROCKER COVER,GLOSS BLACK,M
■25700532 KIT-PRIMARY CVR,GLOSS BLACK,MA
■25600060 TIMER COVER, XL
■25700541 DERBY COVER, RAIL COLLECTION
■17900083 KIT,PUSHROD COVER, XL, GLOSS B
■17900084 KIT,TAPPET COVER, XL, GLOSS BL
■52000277 BOBBER SOLO SADDLE – DISTRESSE
■54074-10B SPRING SADDLE INSTALLATION KIT
■63140-10A KIT,FUEL CAP,FLSH MNT,XL BLK
■43896-99 HEADBOLT COVER - GLOSS BLACK
■33778-09 KIT, SHIFT LINKAGE, BLK SLOTTE
■41700335 COVER MSTR CYL,DOT4,EDGE

個性溢れる自分だけの
Harley-Davidson®を創ろう。
今までに無い
バイクを生み出そう。

バイクをカスタマイズ

多岐にわたるパーツで、自分だけのカスタム車両を作りあげよう。自分だけのカスタマイズを。link to

お得なセール

この機会を見逃す手はありませんlink to